切るか切らないか|気になるいぼは治療で除去しよう【ドクターが得意とする方法で切除】

気になるいぼは治療で除去しよう【ドクターが得意とする方法で切除】

サイトメニュー

切るか切らないか

カウンセリング

レーザー治療は費用に注意

いぼ治療は切除手術であれば保険が適用できる治療です。皮膚科でも美容外科でも、ほとんどの場合は保険適用となります。しかし、美容外科では切除以外にもレーザー治療を行なう場合があり、レーザー治療は保険適用外なので注意が必要です。レーザー治療は皮膚を切らずにいぼを取り除けるため、人気の高い治療方法です。体への負担も少なく、治療時間も短いので、皮膚を切ることに抵抗がある人にとっては適していると言えます。レーザー治療の治療費は、サイズによって設定されていることが多いです。1ミリで何円、といった形式で料金設定されていることが多く、サイズが大きければ大きいほど費用がかかる場合があります。大きく生長したいぼや、いくつものいぼが連なっている症状の場合、費用がかさみすぎないよう注意が必要です。美容外科ですと事前にカウンセリングが設けられることが多いので、担当医に大まかな概算を尋ねておくのをおすすめします。場合によっては切除手術で保険を適用したほうが安くなる場合があります。美容外科では、いぼ治療のための治療方法を複数用意しています。代表的なものは切除縫合手術とレーザー治療の2つです。切除縫合手術は、ウイルス性のドーム型になったいぼに用いられます。皮膚の表皮部分が厚く硬くなっており、自力の治療が難しい状態です。そのため、いぼ周辺の皮膚を切り取り、ウイルス性に感染している皮膚組織を根まで切り抜きます。切除時は局所麻酔をし、意識がある状態で行なわれる場合が多いです。発症場所にもよりますが、手術痕も目立たないよう技術も進歩しています。次にレーザー治療ですが、こちらはほとんど痛みを感じることなく治療することができます。炭酸ガスレーザーという水分に反応するレーザーを照射し、いぼ部分の水分を蒸散させると同時にウイルスに感染した皮膚組織も削り取る仕組みです。レーザー治療は出血も伴わず、皮膚にメスを入れることもないため、手術が怖い人には適しています。ただし自由診療になるので、取り除きたいいぼのサイズが大きい場合は治療費が高くならないよう注意が必要です。

Copyright© 2018 気になるいぼは治療で除去しよう【ドクターが得意とする方法で切除】 All Rights Reserved.