肌が綺麗に仕上がる|気になるいぼは治療で除去しよう【ドクターが得意とする方法で切除】

気になるいぼは治療で除去しよう【ドクターが得意とする方法で切除】

サイトメニュー

肌が綺麗に仕上がる

女医

2種類の症状

切除しなければならないほど大きく育ったいぼの場合、美容外科で治療するのが人気となっています。理由としては主に2つ挙げられます。1つは、仕上がりが綺麗であることです。美容外科という分野なだけに、肌を美しくすることを最優先に治療にあたってもらえます。切除後の痕も極力残らないようにしてもらえるので、顔や腕など人目に付きやすい場所のいぼを取る際には美容外科がおすすめです。2つ目は、担当医と話し合いながら治療を行なえることです。いぼ治療に限らず、ほかの科で受診する際はたいてい医師の指示に従って治療するだけのことが多いです。しかし美容外科ですと不安点や気になる点を積極的に質問することができますし、こちらの希望や予算に応じて柔軟に対応を変えてくれることがあります。担当医との距離が近く、担当医も患者目線で接してくれることが多いです。この治療スタイルは非常に安心感があり、切除するとなっても不安を大幅に軽減することに繋がっています。中にはアフターフォローも手厚く行なってくれるクリニックもあるのも人気の要因の一つとなっています。いぼにはウイルス性いぼと老人性いぼの2種類があります。それぞれ発症ルートや形状が異なるため、治療方法も変わります。ウイルス性のものは感染によって発症します。ウイルスが皮膚に付着し、生長することで、白く突起したできものとなります。サイズも大きいものが多く、市販の薬で完治させることは困難です。また、ウイルスが付いた手でほかの肌に触れたり、人に触れたりすると感染する恐れもあります。感染拡大を防ぐためにも、早めに専門の医療機関に診てもらうのがよいでしょう。ウイルス性ですと、感染した皮膚を綺麗に取り除くのがよいので、切除手術がおすすめです。発症している周辺の皮膚を最低限切除し、手術用糸で縫合します。皮膚科・美容外科の両方で行なえますが、綺麗な仕上がりを求める場合は美容外科のほうが人気です。老人性いぼの場合は、レーザー治療や塗り薬を推奨されています。体質や生活習慣で自然に発症することが多いので、感染の恐れはありません。摩擦や紫外線が発症リスクを高めるので、生活面で気を付けていれば発症を予防することにもつながります。

Copyright© 2018 気になるいぼは治療で除去しよう【ドクターが得意とする方法で切除】 All Rights Reserved.